京都大学 教育学部,総合人間学部,文学部では,平成30年度以降の入学者が、在学中に公認心理師受験の要件となっている科目を取得できるように準備を整えているところです。ただし学部を卒業することで自動的に受験資格が得られるのではなく、必要となる科目や実習を計画的に履修し、そのうえ卒業後は大学院修士課程に進学するか,あるいは特定の機関で実務経験を2年ないし3年積むことで,受験資格を得ることができます。

京都大学 公認心理師 カリキュラム等検討ワーキンググループ

 

News

在学生対象の説明会をおこないました

日時:平成29年10月5日(木曜)16:30-17:30 

当日欠席して配布資料が必要な人は,教育学研究科教職教務掛に取りに来てください

 

1.公認心理師とは

 公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。

  1. 心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
  2. 心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
  3. 心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
  4. 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

参照 厚生労働省 公認心理師とは

2.法令等

3.受験資格の要件となる指定科目について

  1. 在学生
    読み替え科目リスト(準備中)
  2. 卒業生
    読み替え科目リスト(準備中)
  3. 平成30年度以降入学者(入学を考えている皆さんへ)
    科目リスト(準備中)

4.Q & A

 準備中

5.リンク集

  1. 検討会など
    公認心理師カリキュラム等検討会
    公認心理師カリキュラム等説明会等
  2. 指定試験機関など
    一般財団法人 日本心理研修センター

6.問い合わせ先

 京都大学 公認心理師 カリキュラム等検討ワーキンググループ

   公認心理師問い合わせフォーム